REMODELING

高齢化社会と住宅リフォーム

きれいな部屋

社会の高齢化が進む中で、住宅のリフォームをする必要性も自ずと高まりつつあると考えられます。高齢になっても、あるいは介護が必要になっても住み慣れた我が家で暮らし続ける為に必要な住宅リフォームにはどのようなものがあるのでしょうか。以下にその一例を挙げてみることにします。
まず第一に、段差の解消をすることが大切になると考えられます。玄関、浴室、トイレなど私たちの暮らす住宅には、もちろんバリアフリー化が図られた住宅も増えてきてはいますが、まだまだ大小さまざまな段差が存在します。それらを解消し、転倒防止などに備えるリフォームが大切になると考えられます。
また、設置する機器なども十分に考える必要があるでしょう。浴槽や便器など、仮にADLが低下した場合などであっても、使いやすい機器を備えておくことが大切です。
もちろん、多くンリフォーム会社で高齢化や要介護状態などを念頭に置いたリフォームが展開されていますから、いくつかのリフォーム会社の比較検討をしてみることも大切になります。満足のいくリフォームを施行し、いつまでも住み慣れた我が家で暮らすことが実現するよう、それぞれが十分な検討を重ねていくことが大切です。

CHOICES

PICK UP

きれいなキッチン

中古物件のリフォームで気を付けること

築13年の堺にある中古物件をリフォームしました。リフォームした箇所は、一階…

≫readmore
きれいな部屋

高齢化社会と住宅リフォーム

社会の高齢化が進む中で、住宅のリフォームをする必要性も自ずと高まりつつある…

≫readmore
シンプルなトイレ

修理と一緒に玄関をリフォームしました

玄関の屋根が傾いたので屋根の修理を依頼しました。工務店の方に見ていただくと…

≫readmore